> お気に入りブログ
蒼Ryuのメイポ生活~S...
STR魔貧乏日記(笑)
ねこまっしぐら!
"真実ト云フモノ"
よっしゃ!やぁってやるぜ!!
虹色の風
ぶらぶらある記
墓職人跡地
> カテゴリ
> 事故主張
遅れましたが自己紹介させていただく・・・・
名は・・・でにー  8年ほど前に音ゲーで「能力」を身につけた「音ゲー太郎」・・・
能力名は「秘技!黄ばみ地獄!」 そう認識していただきたい。
ほんの100秒 それ以上長くもなく短くもなく キッカリ100秒だけ「判定」を黄色くする事ができる それgがうぇわjkぅうわなにおする(ry





さて、冒頭の事故主張はスルーしまして、少し真面目な話をば。
学生という身分は実に自由であると思う。しかし、自由が上に行動が抑制されず間違った道に進んでしまったり、見誤ってしまう事も多々ある。やはり人間はある程度抑制されていないとほとんどの人がダメになってしまうと最近気付いた。例えば
7時 起床
8時 登校
9時 学校到着
12時 昼食
18時 下校
19時 専門学校
22時 専門学校終わり
23時 帰宅
23時 半飯
24時 風呂
25時 就寝
こういったサイクルがあるとしよう。 これがもし、夏休みなどで学校と専門学校が休みになってしまうと
11時 起床
12時 朝昼兼用飯
13時 昼寝
15時 繁華街に買い物に行く
18時 友人と合流して遊ぶ
24時 解散
26時 帰宅 ご飯を食べずに就寝
などにもなりうる。 まああくまで一つの例だが・・・ しかし、自由というのは残酷で、自分がダラダラしてしまうと全ての時間が無駄になってしまう。まあ、無駄な事は何ひとつないというのが持論の一つでもあるので言い方を変えると
やらなければならない事があるのに、学校や人に縛られないと出来ない人が多いということ。
少なくとも私を含め周りに大勢いる。 やらなければいけない・・・しかし、具体的な目標を立てられずいつまでにどれをどうすればいいかわからない・・・となる事が多いのだ。 やはり、学校というものは「目的や目標を持って入る」のが一番であり、それが出来ない人は「学校や専門学校の中で自分に枷をかけ、これをいつまでにしないといけないと自分を縛る」のが良い。 社会人は、自分の労働の対価である給料をもらっているので、ある程度拘束されてしまう。しかし、学生は本来やるべきはずの「学業」を捨てて、アルバイト、挙句の果てには授業をサボって遊びにいってしまう人間もいる。アルバイトをお金儲けの手段ととるか・・・社会勉強ととるか・・・大学生にとってアルバイトはしなくてはならぬものだが、大学生活全てをアルバイトに捧げたり、遊んでしまうのはいかがなものか。
全てが自由だと人間はダメになる。 最近そう思うのだ。

さてと
それでは今日のお話

本日なんとアルバイトが通常通りありました
先日行った瞬間 あwなくなったッスwの悪夢から早3日。 インフルエンザが本格化し、ついに今週明けには小中学校も休みになる事態に。 それにも関わらず塾があるとは・・・ 正直驚いた。
いざ行ってみると職員のみならず生徒もアルバイトもマスク着用との事。 入り口には消毒液が置いてあり、対策に徹底しての授業開講となった。はじめは「なぜこんなまん延してる時期に開くのか、気が狂っとる」と思っていたが、これも今思えば一つの勉強かと思った。
子供達がこんな生活を送っているとしよう。
7時頃 起床
8時  登校
15時 下校
18時 入塾
21時 退塾
23時頃? 就寝
この生活に学校と塾が取り除かれるとどうなるか・・・ おそらく、自由時間が増え子供達は勉強などせず、遊び回ったりゴロゴロしてしまうだろう。 やはり、学校が休みになり一番危惧すべき点はこの点。子供達は私達以上に時間の管理ができないであろうから本当にどうしていいか困ってしまうと思う。
そこで、塾に子供たちがしっかり来る事により
1.本来、子供たちが過ごす時間を少しでも再現する事により、不規則な生活への歯止めとなる。
2.学校ではない「塾」という場で、インフルエンザに対する高い意識、予防対策を身につけることが出来る。
3.何より、自宅待機で子供たちのコミュニケーションがとれない状態での開講により、情報交換の場、意見交換の場となる。
と考えた。 驚く事に本日塾にきた生徒数は普段と変わらぬ生徒数だったそうだ。 インフルエンザだから家から出たくないでござると言っていた自分が情けないと思うとともに、子供達を教える身である自分へ考えさせられる一日であった。  堅苦しいのは毎度の事ながら今日はより一層ひどかったと思いつつ今日はこの辺で。

追記 密着マスクをして階段の上り下りは地獄。 息切れしてやばい・・・歳か。   (ノ_<。)  
[PR]
by dyu0104 | 2009-05-20 02:04 | 日記